気になる債務整理の費用

債務整理費用や方法が詳しく知りたいならコチラへ
休職中、多重債務と住宅ローン。個人再生か退職金で返済できますか。

多重責務で配偶者が休職中。個人再生を検討されている方のお悩みを今回はご紹介致します。

 

相談

うつ病で休職中の夫が、多重債務で720万円の借金をしていることが分かりました。他に住宅ローン残高も1000万円あります。
個人再生をするつもりで弁護士さんに相談したのですが、退職金見込額が高額(1600万円)のため、1/8の200万円が返済額になるだろうし、現在休職中であれば個人再生の認可が下りるかは一か八かだと思う。
それより退職金で借金と住宅ローンの一部を返済した方がいいのでは?と言われてしまいました。
退職したとしても、50歳という年齢的なこともあって再就職は難しいと思いますし、退職金で借金と住宅ローン全額が返せる訳ではありません。
そこでお聞きしたいのですが、
仝什澆亮膺佑両況では個人再生は難しいでしょうか。(復職は可能性ありです)
△修譴箸睚杆郢里気鵑慮世δ未蝓退職金で借金と住宅ローンの一部を返済した方がいいでしょうか。

 

<引用元:https://www.bengo4.com/c_1/c_1036/c_1169/b_560285/ >

 

現在の主人の状況では個人再生は難しいでしょうか。(復職は可能性ありです)

ご主人が現在鬱で休職中、復帰の見込みがない段階では個人再生の申立をしても、難しいと思います。

個人再生手続きは、申立の前から2ヶ月前後の家計収支表の提出を求められます。安定した収入が入っていて再生計画を履行できるだけの資力があるか裁判所が判断することで、再生計画案が認可されるか決まります。

まずは、復帰の見込みがあるかどうか、おおよそでいいのでそれはいつ頃なのか、確認する必要がありそうです。

まだご主人の復帰の見込みがないのであれば個人再生は難しいと思います。

そういう意味で、担当弁護士は退職金での一部返済を薦められたのだと推測します。

 

 

アヴァンス法務事務所

seiri-soudan| 個人再生 | 14:24 | comments(0) | - | - | - |